ホーム > 被保険者について > 短時間労働者の場合

 短時間労働者の方の健康保険・厚生年金保険の被保険者資格の取得基準については、これまでは、「1日又は1週の所定労働時間及び1か月の所定労働日数が、同一の事業所において同種の業務に従事する通常の労働者の所定労働時間及び所定労働日数のおおむね4分の3以上であることを原則とし、所定労働時間及び所定労働日数がおおむね4分の3を満たさない場合でも、労働日数、労働時間、就労形態、職務内容等を総合的に勘案して被保険者として取り扱うことが適当なものは、健康保険・厚生年金保険の被保険者とする」という取扱いになっていました。

  平成28年10月1日以降は、短時間労働者への適用が下記のように拡大されました。
■「4分の3基準」を満たしていること
「1週間の所定労働時間及び1か月間の所定労働日数が、同一の事業所に使用される 通常の労働者の1週間の所定労働時間及び1か月間の所定労働日数の 4分の3以上(4分の3基準)である者 」を、健康保険・厚生年金保険の被保険者とする。

■上記「4分の3基準」を満たさない者であっても、次の@からDまでの要件( 5 要件)を満たす者は、健康保険・厚生年金保険の被保険者として取り扱う。
@1週間の所定労働時間が20時間以上であること
A同一の事業所に継続して1年以上使用されることが見込まれること
B報酬(最低賃金法で賃金に算入しないものに相当するものを除く)の
  月額が 8万8千円以上であること
C学生でないこと
D特定適用事業所(被保険者数が1年で6か月以上、500人を超えることが
  見込まれる適用事業所)に使用されていること

※「4分の3基準」も「5要件」も満たさない場合
上記の「4分の3基準」も「5要件」も満たさない者でも、施行日(平成28年10月1日)前から被保険者資格を有する者は、施行日以降も引き続き同じ事業所に使用されている間は、引き続き被保険者として取り扱うこととなっています。
被保険者について
任意継続被保険者について
被扶養者について

Copyright(c)東京都ニット健康保険組合. All Right Reserved