ホーム > 保険料 > 介護保険料について

 介護保険は、市区町村が保険者となり、介護認定によって介護・支援が必要と認められた人に介護・支援サービスを提供する制度です。
 40歳の全国民が被保険者で、被保険者の保険料と国、都道府県、健康保険組合などの医療保険者からの拠出金によって支えられています。
 65歳以上を第1号被保険者、40〜64歳の医療保険加入者を第2号被保険者として、それぞれ受けられるサービスと保険料の納付方法が異なります。

 当組合の40〜64歳の被保険者・被扶養者は介護保険の第2号被保険者となります。
 介護保険料は健康保険料と同様に、被保険者の毎月のお給料から事業主と折半負担で納めていただきます(但し、任意継続被保険者は全額自己負担です)。
 介護保険料の額は、当組合が負担する介護納付金と40〜64歳の被保険者の標準報酬総額から算出されます。
 なお、40〜64歳の被扶養者の分もこれに含まれますので、被扶養者が直接保険料を支払うことはありません。
保険料の決め方
育児休業と保険料
介護保険料について
健康保険標準報酬
月額保険料額表
任意継続被保険者の保険料


Copyright(c)東京都ニット健康保険組合. All Right Reserved