ホーム > 健康づくり > 健康管理について


 熱中症は、高温の環境で活動することにより、発汗作用や循環器系が不調となって起こる、頭痛、吐き気、めまい、失神、けいれん等の身体に異常をおこすことをいいます。症状がひどい場合には死に至るケースもあります。屋外だけでなく、室内においても熱中症になる危険はありますので、充分に注意をしてください。
◆熱中症のおもな症状◆
【熱失神】
高温のため血管が拡張し血圧が下がることによって、めまいや失神が起こります。
【熱けいれん】
脚、腹部等の筋肉にけいれんが生じます。汗とともに体内の塩分が流れ出て、塩分不足になるため起こる症状です。
【熱疲労】
脱水症状により、めまいや頭痛、吐き気、倦怠感に襲われます。皮膚は比較的青白く、体温はさほど高くなりません。
【熱射病】
体温調節がきかなくなり、39℃を超える高熱になります。皮膚は赤く、めまい、吐き気、意識障害、昏睡などを生じます。命に関わることもあります。
◆熱中症にならないために◆
【水分をこまめに摂取】
のどの渇きを感じなくても脱水症状が起こっていることもあります。意識的に水分補給を行いましょう。ただの水よりも塩分やミネラルを含むスポーツ飲料がおすすめです。水分や一度にたくさん飲むと効率よく吸収されません。少しずつこまめに、そして充分に摂取するようにしましょう。
【通気性のよい服装で】
熱のこもらない、通気性の高い素材の服装をしましょう。外出時には直茶日光を避け、帽子を着用しましょう。
【日頃の健康管理をしっかりと】
睡眠をよくとり、バランスのとれた食生活をして体調を整えておきましょう。体調の優れないときは外出を控えるのも大切な自己管理です。
◆熱中症になったら◆
 熱中症の症状がみられたら、すぐに涼しい環境に避難し、こもった熱を放出するように、襟元やベルトを緩める、服を脱がせるなどしましょう。わきや脚の付け根などを冷やして、水分補給を行います。意識がない、自力で水分が摂取できないような場合は、すぐに医療機関へ搬送してください。
メタボ対策
血圧管理システム
健康管理について
健康ウォーキング大会


Copyright(c)東京都ニット健康保険組合. All Right Reserved