ホーム > 健康づくり > 健康管理について


 ノロウイルスは冬場に急増し、感染性胃腸炎や食中毒を引き起こすウイルス。毎年11月から発生しはじめ、翌年1月頃にピークとなります。
 おもに人間の腸管で増殖し、感染後24〜48時間で嘔吐、下痢、腹痛、発熱などの症状が現れます。健康な人は軽症で回復しますが、お年寄りや子供などは重症化する場合もあり、脱水症状や吐瀉物をのどに詰まらせるなどして死亡するケースもあります。
 このウイルスの特徴は、感染力が強いこと。微量でも手指や食品を介して感染します。非常に小さなウイルスであるため、乾燥によって空気中に舞い上がり、それを吸い込んでしまうこともあります。

 もっとも有効な予防法は手洗いです。かぜやインフルエンザのウイルスと同様、多数の人が触れるドアノブなどから知らずに手指に付着し、口や鼻に触るなどして感染する例が多いため、外出後やトイレの後、調理や食事の前には必ず手洗いを習慣づけることが大切です。空気に漂うウイルスを吸い込まないためには、人混みにいくときのマスクの着用も大切です。
 また、二枚貝を充分に加熱しないで食した場合に感染することもあります。しっかりと火を通した調理(85℃以上、1分間以上)をしてください。

 もし感染が疑われる症状が出た場合は、速やかに医療機関を受診するとともに、感染を広げない対策が必要です。患者の吐瀉物や便等はマスク・ゴム手袋・エプロンを着用し、塩素系漂白剤を使用してしっかりと拭き取ってください。使用後は塩素系漂白剤で十分なつけ置き洗いをするか、ビニール袋に入れ口を縛って廃棄するようにしましょう。
メタボ対策
血圧管理システム
健康管理について
健康ウォーキング大会


Copyright(c)東京都ニット健康保険組合. All Right Reserved